Q テレビなどで「人生会議」という言葉を聞きました。なんのことでしょうか。

 

 A 人生会議とは、「もしものとき」に備えて話し合っておくことで、厚生労働省が普及を進めています。「アドバンス・ケア・プランニング」という考えを分かりやすく伝えるための愛称であり、11月30日(いい看取り・看取られ)は人生会議の日とされています。

 人生会議は「終活」の一部です。自分自身の最期について自分で考え、どこで、どのような治療を受け、どのような最期を迎えたいかなどについて、あらかじめ家族や医療・福祉関係者と繰り返し話し合うことが人生会議なのです。

 どうしてあらかじめ話し合うことを勧めるかというと、いざというときにあなた自身が意思表示できない可能性が高いからです。厚労省の調査では、命の危険が迫った状態になると、約70%の人が、医療やケアなどを自分で決めたり望みを人に伝えたりすることができなくなるそうです。

 もし、あなたが「延命措置はしてほしくない」と思っていても、それを伝えられなければ延命措置が行われることが考えられます。ですから、自分がどうしたいのかをちゃんと考えて、家族や医療関係者などに知っておいてもらわなければなりません。

 人生会議では、自分の最期に備えて、あらかじめ話し合って考え方を共有すること、時期をみて見直す(考え直す)機会をつくることを勧めています。他方、人間の気持ちは揺れ動くものですから、考え直したり、急に変わったりすることもあるでしょう。本人の本当の意思を確認し、柔軟な対応ができるようにしなければなりません。そのためにも、本人の意思決定が最重要であり、いつでも変更できることを確認し、尊重されるという考え方を共有する必要があります。

 これからの超高齢化社会では、病院で最期を迎えることが当たり前ではなくなると言われています。自宅や施設で看取られることを自分で選ぶことが自然になってきます。まずは、自分自身で考えてみませんか。難しいときは、医療機関や専門家にご相談ください。(弁護士 江越正嘉 佐賀市)

このエントリーをはてなブックマークに追加