県公安委員会から感謝状を受けた内田貞良さん=佐賀市の佐賀南署

 地域の交通安全活動に長年尽力したとして、県公安委員会(香月道生委員長)は佐賀地区地域交通安全活動推進委員協議会で副会長を務める内田貞良さん(77)=佐賀市川副町=に感謝状を贈った。

 内田さんは1992年から2004年までの12年間、佐賀新聞川副販売店を経営。知人からの誘いを受け、09年から地域交通安全活動推進委員として、子どもや高齢者への自転車講習、飲酒運転の撲滅を呼び掛ける街頭活動に積極的に取り組んだ。10年からは協議会の役員として、交通安全活動の企画立案や推進委員の育成にも尽力している。

 22日に佐賀市の佐賀南署で行われた伝達式では、白仁田浩司署長から感謝状を受け取った。「私は大したことをしていない。一緒に活動する皆さんのおかげ」と内田さん。近年、自動車の性能向上や道路環境の改善で緊張感が緩んでいるドライバーが増えたと感じているといい、「車は凶器になり得ることを忘れないことが大切。事故を1件でも減らせるよう取り組んでいく」と気持ちを新たにしていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加