「見渡す限り田んぼだらけ。家がぽつぽつとあるぐらいだったかな…」 武雄市武雄町で長く暮らしている人たちは、40年近く前のふるさとの風景についてこう口をそろえる。JR武雄温泉駅の南東を流れる武雄川の周辺には、田畑が広がっていたという。