名古屋市の「九番団地」で、NPOが配布した食料を手にするブラジルからの住民=26日午後

 外国人が多く住む名古屋市港区の「九番団地」で26日、NPO「まなびや@KYUBAN」が住民に食料を無料配布し、新型コロナウイルス感染拡大でどのような影響を受けているかについて聞き取りをした。感染を防ぐため、団地内に情報をやりとりする掲示板とポストを設置し、これらを利用した支援も同日から始めた。

 団地内の公園には、イベントを知ったブラジルやフィリピン、ベトナム人ら住民60人が訪れ、感染拡大後の雇用状況に関するアンケートに記入した後、菓子や卵、マスクなどを受け取った。掲示板での情報発信や、困り事などを手紙で投函するポストについても説明を受けた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加