サッカー・J1サガン鳥栖の運営会社サガン・ドリームス(竹原稔社長)は26日、第16期(2019年2月~20年1月)の収支決算を発表した。広告収入が8億1千万円(前期22億9千万円)と大きく減少したことなどが響き、当期純損益は約20億円の赤字となった。赤字は2期連続。約20億円の当期純損失については、ほぼ同額を増資でまかなって対応した。2020年度は、新しくスポンサーが見込めるという。

このエントリーをはてなブックマークに追加