居酒屋順の「週替わり定食」

 地元住民から愛される「居酒屋順」は、月、火曜日を除いてランチタイムに営業している。ご飯がお代わり自由でボリューム満点の「週替わり定食」(700円)は煮物、揚げ物、炒め物の三つからメイン料理を選べる。新型コロナウイルス感染予防で不要不急な外出自粛が求められることから、定食を持ち帰れる弁当を500円で提供する。

 取材時の「揚げ鶏のネギポンソースがけ」は、からりと揚げたモモ肉1枚に甘酸っぱいソースがかかり、ご飯が進む味付けだ。エンドウとキュウリ、カニカマをワサビ入りマヨネーズであえた小鉢、薄味の吸い物とのバランスもいい。

 2000年に居酒屋「珍竹林」として開店。三角順次さん(48)が義母から代表を受け継ぎ、13年に今の店名にした。豚のスペアリブを甘辛く炭火で焼いた骨付きカルビ(1100円)が看板メニュー。塩とタレが選べるホルモン焼き(880円)、味の好みを聞いてつくる卵焼き(450円)も人気だ。

 三角代表は「営業時間短縮などコロナが与える影響は経験したことがないほどだが、昼のメニューを工夫して乗り切りたい」と抱負を語る。

このエントリーをはてなブックマークに追加