会合を終えて報道陣の質問に答える島田智恵主任研究官=佐賀県庁

 新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)が佐賀県内で2件発生したのを受けて厚生労働省のクラスター対策班から派遣された国立感染症研究所感染症疫学センターの島田智恵主任研究官が25日、県庁での会合に出席した。疫学調査の結果やPCR検査の進ちょく状況などの報告を受け、「(県の)対策はうまくいっている」との認識を示した。

 会合は県幹部や医療関係者を交えて非公開で行われ、島田氏は終了後に報道陣の取材に応じた。県の調査状況に関しては「陽性者の行動確認などの調査がタイムリーに行われ、濃厚接触者も必要に応じてPCR検査が実施されている」と評価した。その上で「次の感染を防ぐ対策が既に取られていて、より大きなメガクラスターにつながる心配はないだろう」と述べた。

 今後の対応として市中感染や院内感染の発生を想定した医療・検査体制の強化を挙げた。また、「対策がうまくいっているのは保健福祉事務所が頑張っているから。行動調査や相談対応など最も負担がかかっていて、手厚い支援をお願いしたい」と強調した。

 さらに密集など「3密」を避けることや、手洗いやアルコール消毒の徹底などの予防策を示し「感染してせきをしている人の飛沫を浴びることや、洗っていない手で食べ物を口に運ぶことを避けてもらえれば必ず予防できる。正しい理解は風評被害を防ぐことにもつながる」と話した。

【関連記事】

このエントリーをはてなブックマークに追加