飲食店を「先払い」で支援する佐賀飯プロジェクトのチケット(提供写真)

 新型コロナウイルスの影響で売り上げ減が見込まれる飲食店を「先払い」で応援する取り組みが始まっている。佐賀県鹿島市の印刷会社「松浦印刷」(松浦穂積社長)がチケットを製作し、賛同を呼び掛けている。

 県内の希望する店舗に無料でチケットを印刷して郵送する。1枚5500円(税込)のチケットを購入し、コロナが終息した後にその店で6千円分の飲食ができる仕組みで、飲食店の資金繰りを前払いで助ける。

 全国各地で印刷会社がチケットを製作し、取り組みは広がりつつあるという。松浦社長は「『コロナが落ち着いたらまた行く』という楽しい未来を買えるようにと企画を始めた。お世話になっているお店を地域で応援したい」と話す。

 チケット希望の飲食店はsagameshi@gmail.comまで、住所、店名、希望枚数、連絡先を記入する。フェイスブックで「佐賀飯」を検索すれば、チケットを利用できる飲食店を見つけられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加