棚田地域振興法に基づく「指定棚田地域」に、新たに佐賀県内5市町の棚田が9日付で指定された。保全に関する補助率アップなどの優遇措置が受けられる。今年3月に続き、県内の指定は2回目。

 県によると、新たに指定されたのは伊万里市東山代村、武雄市若木村、神埼市仁比山村、三養基郡みやき町、西松浦郡有田町曲川村の棚田で、いずれも1950年2月当時の旧市町村の区域。

 同法は昨年8月に施行された。人口減や高齢化に伴う棚田の荒廃を防ぐため、棚田を核にした地域振興の取り組みを関係省庁が横断で支援するとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加