議場の座席配置変更で作業する職員=唐津市役所

 唐津市議会は24日、議会運営委員会を開き、27日に開会する臨時議会の新型コロナウイルス対策として、議場内の座席配置変更を決めた。3人掛けの席を2人にするなど、執行部や議員それぞれが距離を取りながら感染を防ぐ。

 議員席は3人掛けの真ん中を空けて2人掛けにし、2人掛けは1人で座る。6議員は傍聴席のスペースに座席を設ける。執行部は座席を3列から4列に増やし、4人掛けに3人が座るなど間隔を空ける。

 議場内ではマスク着用を義務付け、質問や答弁の際も着用することを申し合わせた。また、一般の傍聴についても自粛を要請したい意向を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加