佐賀県は24日夜、クラスター(感染者集団)が発生している武雄市のナイトクラブ「イリュージョン」の関係者4人が新たに新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。この中には10代の子どもが含まれている。同店に関係する感染者は計13人となった。

 県によると、感染が確認された4人は全員女性で、西松浦郡有田町の10代、同町の70代、杵島郡大町町の40代、武雄市の60代。県内で10代の子どもの感染は初めてとなる。

 イリュージョンでは、22日に男性客と女性従業員の計2人が陽性となったことを皮切りに、23日は従業員の男女5人、男性客2人の計7人の感染が確認され、県内で最初のクラスター発生事例となった。県は店の了解を得て店名を公表し、感染者の行動歴や接触者について調査を進めていた。

 県内で感染が確認されたのは累計36人になった。

【関連記事】
県内でフィリピンパブ従業員3人の感染確認 県内31人に

武雄で県内初のクラスター確認 新たに7人が感染 県内計28人に

このエントリーをはてなブックマークに追加