みやき町にマスクを寄贈した栗山建設の栗山清規社長(左)=同町庁舎

末安伸之町長に防護服を手渡す協和産業の緒方美紀社長(左)=みやき町庁舎

 鳥栖市の栗山建設(栗山清規社長)とみやき町の協和産業(緒方美紀社長)は22日、みやき町にマスクや防護服などを寄贈した。町は「町内の医療機関などで活用していく」としている。

 寄贈したのは、栗山建設がマスク5千枚と消毒液100リットル、協和産業が防護服100着。町庁舎で行われた寄贈式で、両社の社長が末安伸之町長に支援品を手渡した。

 末安町長は町内の医療機関から医療資材が不足していると相談を受けていることを明かし、「終息が見通せない中、寄贈は医療機関にとっても心強いと思う」とお礼を述べた。

 栗山社長は「町内からこれ以上感染者が出ないように活用してほしい」と期待し、緒方社長は「連日の報道で防護服が足りないと聞いていた。少しでも力になれれば」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加