教職員に見送られ、下校する児童たち=20日午後、佐賀市の兵庫小

 新型コロナウイルス特措法(とくそほう)に基(もと)づく緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)が佐賀県にも拡大(かくだい)され、県内の公立の小中・高校が21日から再(ふたた)び臨時(りんじ)休校となりました。20日は休校前最後の登校日となり、学校側は、規則(きそく)正(ただ)しい自宅(じたく)での過(す)ごし方を指導(しどう)したり、オンライン授業(じゅぎょう)を試験運用したりして、5月6日までの休みに備(そな)えました。
 佐賀市の兵庫小では、校内放送で生活面の指導を行い、学校の時間割(じかんわり)に合わせて計画的に学習するよう呼(よ)び掛(か)けました。28日に登校日を設(もう)け、学習状況(じょうきょう)を確認(かくにん)します。市教委によると、不要不急の外出を控(ひか)えるのが基本(きほん)ですが、児童の運動不足解消(かいしょう)のために各校が校庭を開放します。
 三養基郡上峰町(みやきぐんかみみねちょう)の上峰小は、自宅にいる児童と学校の教師(きょうし)をつなぐ、オンライン通信の試験運用を行いました。同小の小学5年と6年の児童を対象に、インターネットのテレビ会議システムを使用し、有志(ゆうし)が参加しました。約30分間の通信では、出欠や音声の確認を行ったあと、リアクションボタンなど機能(きのう)を説明し、国旗から国の名前を答えるデモ教材を用いたクイズを行いました。(21日付20面)

このエントリーをはてなブックマークに追加