佐賀市内で茶道と琴を指導する6教室合同の発表会が1日、同市の佐賀城本丸歴史館で開かれた。教室に通う子どもたちが、佐賀藩主・鍋島直正が居住した「御座間」でお茶をたて、琴を演奏。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加