カプセルトイ販売機で販売している肥前吉田焼のマグネット

肥前吉田焼のマグネットが入ったカプセルトイ販売機と江口代表=嬉野市の肥前吉田焼窯元会館

 嬉野市の特産物をPRしようと、肥前吉田焼窯元協同組合はカプセルトイ販売機(通称ガチャ)で、肥前吉田焼のマグネットの販売を始めた。茶つぼや急須、白ナマズなど計8種類のかわいらしいデザインが特徴。1回500円(税込み)。

 同組合は、外国人旅行客の多くが、買い物をした際の小銭を余らせていることに注目し、1日から販売を開始した。主に国内外の観光客をターゲットにして、肥前吉田焼の需要拡大にもつなげる。箸置きとしても活用できるという。

 販売機は、窯元や市内の旅館、嬉野市役所塩田庁舎など計20カ所に設置している。同組合の江口直人会長は「一つ一つの完成度が高く、面白い。観光の思い出になれば」と期待している。

このエントリーをはてなブックマークに追加