新型コロナウイルスの全国的な感染拡大による影響が深刻になる中での着任。佐賀労働局の加藤博之局長(58)は「新しい支援策が多い。情報を速く正確に、丁寧に説明していきたい」と力を込める。 リーマンショックなどの経済危機も経験してきた。