人間の目の代わりに、カラスが来たことをカメラ映像を通じてAI(人工知能)が認識し、嫌がる音を出して追い払う装置を、多久市のECO-5(永野洋一社長)などが開発している。