人間の目の代わりに、カラスが来たことをカメラ映像を通じてAI(人工知能)が認識し、嫌がる音を出して追い払う装置を、多久市のECO-5(永野洋一社長)などが開発している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加