佐賀県庁

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、SAGAサンライズパークのアリーナ新築工事を請け負う共同企業体(JV)の代表の戸田建設(東京)が、佐賀県に対し、工事中断の協議を申し入れたことが分かった。中断期間は5月10日までとしている。

 戸田建設はウェブサイトで、緊急事態宣言の全国への対象拡大に伴い、社員らへの感染防止と感染拡大を防ぐため、発注者と協議して全国的に工事を原則中断する方針を発表した。

 県によると、20日に中断協議の申し入れがあった。現場は整地作業を進めているが、もともと大型連休中は作業を休む予定で、起工式も6月上旬を想定していたことから、県は「本格的な工事に入っておらず、現時点で工程に影響はない」とみている。

 一方、整備スケジュールには余裕がなく、県は「緊急事態宣言が5月6日以降も延長される事態になれば影響は見通せない」とし、同社と今後の対応を協議するとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加