GW中のアリタセラ全店臨時休業を決めた有田焼卸団地協同組合の会合=西松浦郡有田町の同組合

 有田焼卸団地協同組合(山本幸三代表理事、22組合員)は22日、西松浦郡有田町にあるアリタセラ(有田焼卸団地)について、ゴールデンウイーク(GW)期間中の全店臨時休業を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大で有田陶器市は延期されたが、通常営業の店舗に一定の来場が見込まれるため、来客と従業員の安全確保を最優先した。同町の柿右衛門窯と今右衛門窯も、GW中などに臨時休業する。

 アリタセラは、陶磁器専門店22店がショッピングモールを形成し、売り場面積は計約4500平方メートル。ホテルやレストラン、800台収容の駐車場もある。

 陶磁器販売店は佐賀県の休業要請の対象ではないが、GW中、他県からの人の流入を県が懸念しているため、組合員に臨時休業の了承を得た。売り上げ対策として24日~5月29日、ネット販売「春のオンライン陶器市」を開く。

 同組合の山本代表理事(66)は「人が密集して感染者が発生すれば、大きな痛手となる。苦渋の決断だが、終息に協力することが地域にも業界にもよいと判断した」と説明した。

 同町では、観光案内機能がある有田館とキルンアリタ内の観光案内所も、23日から5月6日まで臨時休業する。

このエントリーをはてなブックマークに追加