新型コロナ特措法に基づき、佐賀県から要請を受けた施設の多くが22日から休業や営業時間短縮に踏み切る中、県が示した支援金15万円の交付基準に一部で戸惑いが広がっている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加