新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 佐賀県は22日、新型コロナウイルス感染が確認された多久市の50代男性について、武雄市内での会食を感染源として推定していることを明らかにした。

 男性は11日、武雄市内の居酒屋で知人と会食した後、2人でクラブに行った。その後、1人でラウンジ2軒とスナックをはしごした。13、14日は、勤務先の多久市内の建設会社事務所や同市内の現場に行った。

 県は同居する家族や同僚、11日に訪れたクラブの女性従業員など計10人をPCR検査する。

【関連記事】県内19人目の感染を確認 小城市の30代女性

このエントリーをはてなブックマークに追加