施設の職員が持参したタンクに次亜塩素酸水を入れる市職員=唐津市二タ子の市健康サポートセンターさんて

 佐賀県伊万里市の鉄鋼メーカーの宝山工業が21日、除菌に効果がある酸性電解水(次亜塩素酸水)を生成する機械を唐津市に無償で貸し出した。市は次亜塩素酸水を小中学校や介護施設などに配布する。

 市は1施設当たり10リットルを配布する予定で、21日現在、115施設が受け取りを希望している。配布期間は27日まで(土日を除く)。

 伊万里市にも機械を貸し出した同社の本多正臣社長(46)は「せっかくいい機械があるので、活用してもらいたい」と話した。市内の保育園に看護師として勤務する岩下美紀さん(47)は「(消毒液は)いつなくなるか不安だったので、ありがたい」と感謝した。

このエントリーをはてなブックマークに追加