配布予定のマスクと米。米は生産者の名前が入った袋で配布するという=江北町役場

配布予定のマスクと米。米は生産者の名前が入った袋で配布するという=江北町役場

 杵島郡江北町は、新型コロナウイルスの感染拡大で帰省ができない町民の親族に向け、町内産の米と地元企業が作ったマスクを配布する。町産業課は「少しでも役立ててもらい、故郷を思い出してもらえれば」と話す。

 町民のうち、県外に住む3親等内の親族がいる人が対象で、配布は希望者を対象に一世帯当たり1人まで。支給品は、町内産の米3合と町内のイイダ靴下が製造しているニット製のマスク6枚。購入や郵送などの事業費は約100万円。

 募集期間は27日から7月31日まで。定員は600人だが、申請状況によっては配布の拡大も検討する。町産業課は「町との関係人口を増やしていきたい狙いもある」としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加