日本画公募展「第75回春の院展」(日本美術院主催)で、鳥栖市出身の酒井龍一さん(36)=岡山県=が、最高賞に次ぐ奨励賞を初めて受賞した。県内からは、いずれも院友の髙木梓帆(しほ)さん(34)、西岡一義さん(70)、浜口和之さん(54)=いずれも佐賀市=、八谷真弓さん(37)=唐津市=が入選した。