西日本建設業保証佐賀支店が前払い金の保証状況を基にまとめた3月の県内公共工事動向によると、請負金額は前年同月比3・4%増の67億3300万円で、件数は2・9%増の245件だった。

 発注者別にみると、国は早津江川大詫間の堤防工事など大型工事があったことから、27・5%の大幅増。市町も佐賀市で勧興公民館の建築工事などがあって12・1%増え、県も7・0%増加した。

 一方、独立行政法人などは九州新幹線長崎ルートの大型工事が最終段階となったため76・0%減り、その他も前年度に下水道事業団のポンプ設備工事など大型工事があった反動で、67・1%減少した。

このエントリーをはてなブックマークに追加