ドライブスルー方式で手渡した消毒液。職員がポリタンクに詰める作業をした=佐賀市の上下水道局第2浄水場

 佐賀市上下水道局は20日、施設除菌用の塩素系消毒液の無料配布を始めた。予約制で、ドライブスルー方式で48事業者に約1トンを配った。

 水道の殺菌に使われる「次亜塩素酸ナトリウム」の原液を水で0・1%に希釈した。新型コロナウイルスの影響でアルコール消毒液の入手が難しくなる中、市内の公共施設や医療、介護施設、保育所などを対象に予約を募り、1回20リットルを上限に毎週月曜に配る。

 事業者は持参した容器に消毒液を入れてもらい、車に乗ったまま受け取った。高齢者施設「デイサービス八戸溝」の末広貴生子施設長は「利用者が80~90代で、命を守るために消毒は不可欠。本当にありがたい」と話した。ニーズ次第で配布を週2日にすることも検討する。

このエントリーをはてなブックマークに追加