佐賀県議会は20日、議会運営委員会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、21日に開会する臨時県議会で執行部の出席に関し、開会日は必要最小限にとどめ、閉会日の本会議と委員会は出席を求めないことを申し合わせた。本会議などでのマスク着用も確認した。

 進龍太郎政策部長が、感染の封じ込め対応や病床確保、事業所の休業要請に伴う支援制度の検討など早急に対応すべきことがあることから「執行部の出席に配慮をお願いしたい」と述べた。議運では臨時議会が委員会構成や議会人事を決める性質である点なども踏まえ、執行部の申し入れを受け入れた。

このエントリーをはてなブックマークに追加