鳥栖市役所

武雄市役所

 19日に新型コロナウイルス感染が確認された鳥栖市の40代男性について、佐賀県は20日、福岡市の勤務先で感染した可能性が高いとの見解を示した。同居する40代妻と10歳未満の子どもは陰性だったが、5月3日までの行動自粛を求めた。

 男性は福岡市の飲食店で接客を伴う仕事をしている。大河内直人健康福祉部長は「業務で感染した可能性を考えている」と述べた。

 県は、男性の発症日を発熱と倦怠感が出た15日とみている。18日は嗅覚と味覚に異常が出て帰国者・接触者相談センターへ相談、19日に県内の感染症指定医療機関に入院した。症状は続いているが、軽症という。

 17、18日はJRとバスを乗り継いで出勤していたが、通勤中と勤務中はマスクを着けていたと説明した。

 また県は、県内3人目の感染者だった武雄市の40代男性が退院したことも明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加