秀島市長を表敬訪問した佐賀市観光親善大使の糸山仁恵さん(左)と桝岡明音さん=佐賀市役所

秀島市長を表敬訪問した佐賀市観光親善大使の糸山仁恵さん(左)と桝岡明音さん=佐賀市役所本庁

 佐賀市の魅力を発信する佐賀市観光親善大使が17日、佐賀市役所を訪れ、秀島敏行市長に就任の報告をした。4月に就任した佐賀大学3年の桝岡明音さん(20)らが活動への抱負を述べた。

 観光親善大使(定員2人)は佐賀市観光協会が募集し、任命する。対象は市在住の20歳以上の女性で、任期は2年。毎年1人ずつ選び、今年は7人が応募した。訪問では、大使2年目の西南学院大学4年の糸山仁恵さん(21)も訪れ、佐賀市の食やイベントの魅力を伝えていく意欲を示した。

 桝岡さんは「多くの人に佐賀の魅力を伝えていきたい」と力を込めた。糸山さんは、新型コロナウイルスの影響で活動の場が少なくなっていることに触れ、「一つ一つのイベントで佐賀市をしっかりとPRしたい」と意気込んだ。

 今後は県内外のイベントなどに参加したり、SNS(会員制交流サイト)を使った情報発信をしたりしていく。

このエントリーをはてなブックマークに追加