農業が盛んな西多久町を拠点に、農産物の出荷増を目指す活動を続けた。故郷の福岡市から移り住み、活動を続けるうちに「長年受け継がれてきた地域の営みが新鮮に思えた」。子どもや大人と一緒に掘り起こした町の史跡や行事、特産品のPR冊子も作った。