第五章 八面六臂(八) 「政府が廃藩へ向かっているのはご存じの通りですが、巷間では大隈さんが廃藩の急先鋒であると思われ、不平士族の憎悪を一身に背負っています」「まあ、それが事実だから仕方あるまい」 …

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加