佐賀県は19日、鳥栖市の40代男性が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。鳥栖市内での感染確認は2人目で、県内では計17人になった。県は男性の行動歴を調べている。関係者2人はウイルス検査の結果、陰性だった。

 県から連絡を受けた鳥栖市は、市健康増進課を中心に対応を協議した。20日にさらに詳しい情報を得た上で、対策本部会議を開く。

 市は市内12小中学校を5月6日まで臨時休校にしている。5月1日までに2回の登校日を予定している。

 市内では11日、60代男性の感染が確認されていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加