佐賀市のエスプラッツ

 佐賀新聞文化センター(中尾清一郎社長)は佐賀市白山のエスプラッツで開いているカルチャー教室と教育事業部門を21日から5月6日まで休講する。新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言が全都道府県に拡大されたことを受けての措置。

 休講となるのは、カルチャー教室全365講座と、幼児知能教育「めばえ教室」や英語スクール「ステップワールド」を展開する教育事業部門「キッズスペース」。休講期間中は電話による対応も行わない。エスプラッツ3階の佐賀市文化交流プラザ交流センターも休業する。

 同センターの橋詰空常務は「感染拡大を防ぐため、最大限の協力をしていきたい」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加