佐賀県は18日、2人の新型コロナウイルス感染が確認されている九州電力玄海原子力発電所(東松浦郡玄海町)敷地内の工事に従事する大手ゼネコン大林組の従業員30人にウイルス検査を実施した結果、全員陰性だったと発表した。

 30人は、14、17日に感染が確認された大林組の男性社員2人と同じ事務所で勤務していた。いずれも航空機テロなどに備える特別重大事故等対処施設(特重施設)の土木工事に従事している。

このエントリーをはてなブックマークに追加