白水敏光さん

 教員出身で初めて佐賀県教育長を務めるなど、県内の教育振興に尽力してきた。4月から佐賀市の私学、佐賀女子短大や佐賀女子高などの教育アドバイザーを務め、「培った経験と知識を教育に還元していきたい。その機会を設けてくれてありがたい」と気持ちを新たにする。

 「順和、礼譲、敬愛、奉仕」という建学の精神を引き継ぎつつ、現代のニーズに合った教育現場につなげる役割を担う。「これからは主体的、能動的な学びや課題解決能力を養うことが求められる。地域と連携して『女性活躍』につながる人材育成を進められれば」。同短大が本年度から県と連携して取り組む小学教諭の養成にも意欲を見せる。

 太良高校長や唐津東高・中学校長などを歴任し、2017年4月から2年半、県教育長を務めた。在任中に全国高校総合文化祭(2019さが総文)が県内で開催され、「やり遂げた達成感を持ち、大きく成長した生徒たちが強く印象に残った」と振り返る。

 趣味は釣りと生け花で、「仕事から離れてリフレッシュできる」と笑みを浮かべる。唐津市厳木町。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加