柔道八段の師範で、柔道や逮捕術を教える術科指導官を23年間務めた小形健二さん(63)=多久市=が、2年ぶり6人目となる佐賀県警名誉師範の称号を受けた。小形さんは「自分をさらに律して高めていきたい。自分は柔道で生きてきたから、少しでも柔道界に恩返ししたい」と話す。