柔らかく空気をはらんだようなふくらみに、涼やかな青が流れる。武雄市武内町の陶芸家・浦郷壮さん(38)の手から生み出される作品は、磁器という硬質な素材の中にも人間的な温かみがにじむ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加