佐賀西高校

佐賀清和高校

 県立学校は緊急事態宣言を受けて21日から5月6日まで臨時休校となり、部活動も休止される。高校の運動部員たちは、3月に続く2度目の活動休止に戸惑いつつも、自主練習のメニューを作成するなど工夫して「夏」に備える。

 佐賀西高野球部の山田和人監督は、インターネットの動画を参考にトレーニングメニューを作成し、部員用のチェックシートも用意した。3年の服巻智典主将は「1年生が入部し、チームが活気づいてきたところだった」と残念がる一方で、「チームのみんなと連絡を取り合って、個人でできることを頑張りたい」。

 佐賀清和高は一足早く、20日から休校になる。このうち陸上部は、各部員が家庭で自主練習の記録を付け、練習量を落とさないよう工夫する。3年の前山夏希さんは「みんなで部活ができなくなるのは悲しいけど、感染防止のためには仕方ない。インターハイを諦めたくないので、休校中は毎日一人で練習を続けます」と話した。

 県高体連、県高野連ともに、現時点では夏の大会を予定通り開催する方向で準備を進めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加