佐賀県内の駅や空港、高速道路は閉鎖されず、JRや路線バスなどの公共交通機関も運行を続ける。 JR九州は新型コロナウイルスの感染予防や需要減を理由に、3月20日から5月31日まで一部運休を決めている。新幹線が約6%、特急が約20%、観光列車が約60%減便となる計算で、普通列車にも運休が出ている。