玄海町庁舎

玄海原子力発電所

 佐賀県は17日、九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)敷地内の工事に従事する大手ゼネコン大林組の社員で、唐津市の40代男性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。14日に感染が確認された社員と同じ事務所に勤務しており、県は感染の要因になった可能性が高いとみている。県内での感染確認は計16人となった。18日、事務所を利用していた30人をPCR検査する。

 九電は最初の確認を受けて作業員ら約300人を出勤停止にしていた。今回の感染者はそのうちの1人。

 県によると、男性は3月30日から4月10日まで出勤し、9日までは先に感染が確認された男性も同じ執務室内にいた。12日に味覚の違和感を覚えるなどし、14日に県内の医療機関を受診した。17日には37・7度の熱が出たため、帰国者・接触者相談センターに相談、感染症指定医療機関に入院した。現在は熱はあるが、症状は軽いという。

 男性は1人暮らしで、発症前は県外に出ていない。

 18日に検査する30人は全員が、航空機テロなどに備える特定重大事故等対処施設(特重施設)の土木工事に従事していた。

 大川内直人健康福祉部長は、陽性だった2人の男性社員が出入りした事務所について「ここで感染した可能性が高い」としつつ「男性は発症後は基本的に自宅におり、封じ込められている」との認識を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加