雨あがりに、山路を登るバスから虹が見えた。吉野弘さんの詩「虹の足」である。小さな村といくつかの家が、すっぽりと虹の足の底に抱かれて染められていた。それなのに、家から飛び出して虹の足にさわろうとする人影はない◆〈多分、あれはバスの中の僕らには見えて/村の人々には見えないのだ。/そんなこともあるのだろう/他人には見えて/自分には見えない幸福の中で/格別驚きもせず/幸福に生きていることが―。〉◆ほんの数カ月前まで、いろんな場所に出かけることも、遠く離れた家族に会うことも、仲間と集まって飲んで騒ぐことも、ごく当たり前の何でもない日常だった。虹のたもとの村人たちのように、それがどれほど幸福なことだったか、気づきもしなかった。不安を胸に抱えながらも、緊急事態宣言はどこか都会のことだと思いたい気持ちもあった◆生きているところで人は「見えているもの」がずいぶん違うものである。日本語で「天気」と言えば「晴れ」の意味もある。反対に英語の天気「ウェザー」の語源は「暴風」と厳しく映っている。そこから転じて、ウェザーは「(難局を)切り抜ける」という意味にもなる◆あすは二十四節気の一つ「穀雨」。あらゆる穀物をはぐくむ恵みの雨が降る時季とされる。雨があがれば、晴れ間からきっと虹も見えるだろう。(桑)

下記のボタンを押すと、AIが読み上げる有明抄を聞くことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加