対策本部会議で緊急事態宣言への対応を説明する山口祥義知事=17日午後、佐賀県庁

 新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言が全都道府県に拡大されたことを受け、佐賀県の山口祥義知事は17日、県内の遊興施設や運動施設に休業要請することを決めた。県独自の支援策として要請に応じた事業所に協力金を給付する。県立学校は21日から5月6日まで休校とし、市町立の小、中学校にも同様の措置を要請する。県民には外出自粛を要請し、特に福岡県との往来を避けるよう求めた。

 休業要請の対象施設は、佐賀県内の実態に即して週明けに明示する。山口知事は午後5時から開いた対策本部会議で、既に要請している福岡県との整合性を重視する考えを示した。その場合、ナイトクラブなどの遊興施設やボーリング場、パチンコ店といった遊戯施設、映画館や学習塾など幅広い施設が含まれることになる。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加