校庭で開かれた鍋島中の入学式。入り口に設置された看板の前で記念撮影しようと、新入生たちはこのときばかりはマスクを外し、笑顔を見せた=佐賀市

 佐賀県内の多くの小、中学校で9日、入学式が開かれました。新型コロナウイルスへの感染(かんせん)を予防(よぼう)するため、在校生(ざいこうせい)や来賓(らいひん)が参加せず、時間を短縮(たんしゅく)する学校が目立ったが、マスク姿(すがた)の新入生はこれからの学校生活に期待を膨(ふく)らませました。
 佐賀市の鍋島(なべしま)中は、校庭に間隔(かんかく)を空けて椅子(いす)を並べ(ならべ)、新入生209人を迎(むか)え入(い)れました。新型コロナウイルスの影響(えいきょう)で、大幅(おおはば)に形を変えた入学式に貞包浩洋(さだかねひろみ)校長は「本来なら在校生や来賓も呼(よ)んで華(はな)やかに迎(むか)えたかった」としつつ、「真剣(しんけん)に打(う)ち込(こ)めるものを見つけ、友情(ゆうじょう)を育んで」と激励(げきれい)しました。
 式は25分に短縮し、保護者(ほごしゃ)たちは校庭の外に設(もう)けられた席でわが子を見守りました。40代の母親は「入学式が開かれて良かった。在校生がいないのはさみしいけど、今の状況(じょうきょう)を考えれば仕方がない」と話しました。(10日付1面)

このエントリーをはてなブックマークに追加