コラム写真

 最近は「コロナ、コロナ」ってすごいことになっていますね。どんなにすごいことになっても、日々変わらず制限や自粛がないのが子育て。社会の状況とか流れとか、子どもたちにとっては関係ないですからね。

 ただ、「コロナウイルス」を理由に子どもたちにストレスや我慢をさせるのも、逆にそれを理由に何かを工夫して楽しんだり気分転換させたりすることができるのも私たちパパやママだと思うんです。子育て環境のベースは保育園や幼稚園、地域や街の環境などではなく、間違いなく親である私たち。

○「遊園地行きたい」→コロナやけんダメ!

○「レストラン行きたい」→コロナやけんダメ!

○「友達の家に遊びに行きたい」→コロナやけんダメ!

 それも十分理解できるし、今はそうやって防ぐことも大切なことで、親としての役割なのかもしれません。実際、こんな退屈な思いをさせていて、困っておられるご家庭も少なくないと思います。

 でも、コロナウイルスのせいにするのは簡単ですが、それを理由にしたところで、いつまで続くか分からないのが、この状況。そんな時でもわが子は待つことなく成長していきます。子どもたちにとっても、親としてもデメリットしかないような気がしてなりません。

 私は、もともと子どもたちと屋外で遊ぶことがそんなに得意な方ではなく、どちらかというとショッピングモールや屋内遊具施設、飲食店でランチしたりすることが多かったので、モロに影響を受けているパパの1人です…。

 でも、こういう期間が子どもたちにとって嫌な思い出ではなく、少しでも前向きな楽しい思い出になればと思って、最近は屋外や自宅内で遊ぶことが多くなりました。フルーチェを作ったり、ホットケーキを焼いたり、ボールや三輪車、新聞紙を破りテープで貼って何か作って遊んだり。大したことやらなくても、一緒にバカになって遊ぶことで、子どもたちは本当に笑顔になってくれるものです。

 クオリティーが悪ければ悪いほど良い! ママが声を出して笑ってくれるから。ママを太陽(笑顔)にすることが、パパの役割だと私は思います。

 うちで過ごそう。ただ、過ごすだけではなく、新しいことに取り組んでみるとか、わが子と一緒に少しでも楽しい思い出をつくりながら、みんなでこの状況を乗り越えましょう!(パパ記者・片桐亮=いまパパ~いまりパパネットワーク~代表)=片桐さんのコラムは随時掲載しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加