基山町の障害福祉サービス事業所「PICFA(ピクファ)」と大阪のTシャツブランド「GooTee」がコラボしたTシャツ

 アート活動に取り組んでいる基山町の障害福祉サービス事業所「PICFA(ピクファ)」と、大阪発のTシャツブランド「GooTee(グーティー)」によるコラボTシャツが完成した。Tシャツというキャンバスを得て、ピクファのメンバー14人による個性豊かな絵画作品が新たな魅力を放っている。

 紫色のチンパンジー、空に浮かぶ擬人化された太陽、厳かにたたずむ孔雀(くじゃく)明王像―。着心地にこだわったコットン100%の白地のTシャツを、フルカラーの作品が彩っている。

 施設長の原田啓之さん(45)によると、ピクファのインスタグラムを見たグーティー側から打診があり、コラボが実現した。ピクファから作品を提示し、Tシャツに合う作品をグーティーが選んだという。原田さんは「アーティストとして採用されたということで、メンバーの自信につながる」と意義を語る。

 Tシャツは女性用M、男性用S、M、Lの4サイズで、いずれも1枚3510円(税・送料別)。受注生産で、5月10日まで注文を受け付ける。問い合わせはピクファ、電話0942(92)2650。

このエントリーをはてなブックマークに追加