ボートレースの選手でつくる日本モーターボート選手会(上瀧和則会長)は15日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、日本財団に1000万円を寄付したと発表した。寄付金は対策にあたる医師や看護師らの活動資金などに充てられる。

 佐賀市大和町出身の上瀧会長は「この難局を一日でも早く乗り越えるため協力できればと思い、全会員の総意で寄付致しました。感染拡大防止の活動に使っていただければ」とコメントした。

このエントリーをはてなブックマークに追加