新型コロナウイルスの感染拡大を受け、佐賀県保険医協会(藤戸好典会長)は、PCR検査を拡充するよう山口祥義知事宛てで要請した。15日付。3月12日に続き2回目で、感染が疑わしいと医師が診断した患者は、全員検査を受けられるように求めている。

 要請書では、日常診療の中で感染が疑われる患者を帰国者・接触者相談センターに紹介して検査を依頼しても、受け入れられない現状を指摘している。その上で「日数が経過する間に陽性者が医療機関を転々とし、重症化や感染拡大を危ぐする」などと訴えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加