吉野ヶ里歴史公園

鹿島市干潟交流館

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、佐賀県は16日、吉野ケ里歴史公園(神埼市郡)の全エリアを18日から当面の間、臨時休園すると発表した。

 公園では2月末から園内の屋内施設を閉鎖し、イベントを中止していた。休園期間は明確にしていないが、5月の大型連休中も開園しないと説明している。

 また、鹿島市は同市音成の「鹿島市干潟交流館」の利用を、17日から市民だけに制限する。5月6日まで。干潟体験の受け入れについては協議中で、22日に予定している「ガタ開き」は神事のみ執り行う。

 市内の公民館や競技場、体育館など市の施設は同様に利用を市民や市内への通勤通学者に限る。

このエントリーをはてなブックマークに追加