山口昌宏氏(議長)

末藤正幸氏(副議長)

 武雄市の臨時議会は16日、議長選と副議長選を行い、議長に山口昌宏氏(73)=4期・東川登町、副議長に末藤正幸氏(68)=4期・山内町=を選んだ。いずれも新任。

 また、新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済対策費の支出などの専決処分4件を承認。こども図書館の遊具購入費など300万円を追加する一般会計補正予算案を可決した。補正後総額は250億4705万6千円。会期は17日までで、委員会構成を決める。

 議長と副議長の任期はこれまで4年だったが、昨年6月に再選を妨げず2年とすることを申し合わせていた。投票結果は議長選が山口氏9票、石橋敏伸氏4票、杉原豊喜氏3票、無効3票。副議長選は末藤氏10票、池田大生氏4票、川原千秋氏1票、宮本栄八氏1票、無効3票だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加