太良町建設業・建築業協会からマスクを受け取る永淵孝幸町長(中央)=町役場

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に役立ててもらおうと、太良町建設業協会(副島敬三郎会長)と太良町建築業協会(山口渡会長)が14日、町にマスク3千枚を寄贈した。町は、マスクが少なくなっている町内の高齢者福祉施設や病院などへの配布を検討している。

 町内の計12社でつくる両協会の代表者らが町役場を訪問し、マスクを手渡した。副島会長は「全国的に感染が広がりを見せる中で、沈静化に貢献できれば」と話した。受け取った永淵孝幸町長は「大切に使わせてもらいたい」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加